働くこと


働くってことは本当に人を成長させる。
定着支援のたびに感じることだ。

昨年の春、大学を卒業して就職した男の子。
学生時代に出会い、個別支援を続けて就職した彼。

彼はとても優しい子に、他人の気持ちを考えられる子に、
育てられてきたようだった。
それはとても尊く、大切なこと。
自分の良さとして、自信を持っていいこと。
けれども、何とも弱すぎる。
主張する力や、自分で判断する力が足りなすぎる。

卒業直前、彼は3社の内定を得た。
その中で、最も彼のよさを活かしながら、
人として成長できるであろう企業はどこか。
そう考えたとき、私の中では明確にある1社を指し示していた。

しかし、当然ながら就職は彼の人生であり、決めるのは彼自身だ。
意思決定の助けとなるであろう情報を提示し、
自身の置かれている現状やこれからのビジョンについて考えさせ、
そうして彼は、私とは異なる1社を選択した。

就職後の定着支援サービスを案内して彼を送り出してから、
早1年になろうとしている。

この間、何度か近況報告があり、
心が折れそうになる度に、相談があった。

研修期間を終え、彼は九州に配属された。
その報告があったとき、思った。
なるべくしてなった、来るときが来たと。

近年、国は若者の労働力確保のために、
労働法の周知活動やいわゆる『ブラック企業』の公表など、
労働者を守る仕組みを強化している。

首都圏では、それらの施策が比較的行き届いている、
あるいは、不足が判明すれば即座に若い労働者たちから足元をすくわれる。

対して、地方では旧態依然としているところもまだまだあるだろう。
その地域の特色や事情というものがあるはずだ。
彼はそんな環境の中で、強くなること、成長することを強いられることになった。

しかしこれは、彼には必要な道程だったのだと思う。

幸せなことに、彼には素直さがある。
定着支援サービスがあると聞けば電話をしてくるし、
こんな対処法を試してはどうかと提案すればそれを試す。

そうして今年の正月に彼は言った。
「学生の頃に比べたら、この9ヶ月でずいぶん強くなったと思う」と。
今辞めるのは中途半端で悔しい、
もっと成長するまでは諦めない、
そう宣言して、九州に戻って行った。


スポンサーサイト
  1. 2017/02/03(金) 21:54:19|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ことばの感じ方 | ホーム | 親子の成長>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kokoro396.blog54.fc2.com/tb.php/430-3dbf4b2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↓↓クリックしてね↓↓

人生 :成長 :カウンセラー :癒し :キャリア