スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

若者の貧困はお金を与えて救えるのか?


若者の貧困が増えている。
就職活動さえままならない学生もたくさんいる。

それでも私たちは、決してお金を工面することだけはやってはいけない。

人は、お金を与えることや肩がわりすることでは、本当には救われない。
与えられた側は、その時は間違いなく感謝するけど、それだけだ。

私にも、他人の借金を返済するために、身を粉にして昼も夜も働いた経験がある。
常に意味不明の借金をつくってくる身内のために、奔走したこともあった。

でもその人たちは、結局何も変わらない。
感謝の弁も反省の弁もそのときだけのことだ。ひとつも成長しない。
肩がわりしたり奔走したりすることで、そこから学び、成長したのは、私の方だった。

だからこそ私は、お金じゃないところで、
人の成長に心から、真摯に向き合う術をいつも考える。
貧困に苦しむ彼ら自身が、『自らの意思と行動で』、そこから抜け出さなくてはならないのだから。

私たちにできることは、
彼らが現状から抜け出すための意思を持ち、行動を起こせるように、
寄り添って問題を把握し、必要な専門家を巻き込み、解決策を提示すること。
決して一人じゃないと、諦めるなと、声をかけ続けること。

お金を出すだけでは、決して本当には救われない。
難しいことだけれど、彼らの『意思と行動』を喚起することが、私たちの仕事だと思う。


スポンサーサイト
  1. 2016/07/31(日) 17:46:08|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<陛下のお気持ち | ホーム | 生きる意味>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kokoro396.blog54.fc2.com/tb.php/424-38a02d8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↓↓クリックしてね↓↓

人生 :成長 :カウンセラー :癒し :キャリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。