FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ルーティーン


2015年のシルバーウィークは、ラグビー日本代表の話題で盛り上がっている。
世界屈指の強豪、南アフリカに勝利したからだ。


今年1月、NHKが代表監督のエディ・ジョーンズを特集した。
エディ・ジョーンズは、“まじめで我慢強い” 日本人の特徴を生かすと同時に、
失敗から学ぶこと、自ら “考える” ことを代表選手に課してきた。

エディの言葉は、日本の多くの若者たちにも通じる言葉だった。
ちょうどこの頃、就職が内定している学生向けに講座を行なっていた私は、
講座の中でエディの言葉を引用したのを覚えている。


あれから8ヶ月、代表選手たちは練習の成果を存分に発揮し、
日本中の注目を集めている。
中でも五郎丸選手のキック前の動き、
いわゆる『ルーティーン』が取り上げられている。

『ルーティーン』は、一流と呼ばれる多くのスポーツ選手が取り入れている。
メジャーリーグのイチロー。
打席に入る前の屈伸から打席に入ってバットを構えるまでの一連の動きは、毎打席必ず同じ動きだ。
フィギュアスケートの羽生結弦。
リンクに滑り出てから演技が始まるまでの動き、氷上でのカーブの描き方から身体の軸をチェックするタイミングまで、必ず同じ動きで精神を集中させている。
そして今話題の五郎丸は、キック前の一連の動き。
これらはみな、平常心や集中力を保ち、積み上げてきた力を発揮させるための動きだ。

こんな一流の選手たちと一緒にしては畏れ多いが、
私にも私なりの『ルーティーン』がある。

朝、仕事が始まる前の動き、
昼休憩の終わり、仕事に戻る前の動き。
私にとっては、OFFからONに切り替え、集中するための儀式みたいなものだ。
気づけばもう、10年以上この動きを続けている。


プロがプロであるためには、日々の努力や積み重ねが重要なのは言うまでもない。
加えて、その力を発揮させる方法を持っていることも、
プロがプロたる所以なのだろう。

2015年のシルバーウィーク、
ラグビー日本代表の快挙に、プロとは何かを改めて考えさせられている。



スポンサーサイト
  1. 2015/09/22(火) 16:58:11|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小さなざわつき | ホーム | 刑事の仕事>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kokoro396.blog54.fc2.com/tb.php/411-eed94d82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↓↓クリックしてね↓↓

人生 :成長 :カウンセラー :癒し :キャリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。