FC2ブログ

信頼


在学中から就職活動を支援して、この春晴れて社会人となった男の子。
就職後も何かと連絡をくれて近況報告をしてくれる。

しかし悔しいことに、彼には入社先の待遇面で嫌な思いをさせてしまった。

彼はその現実に疑問を感じ、私を信頼して話しに来てくれたんだと思う。
だからこそ、そういう子にこんな思いをさせていたのかと思うと胸が痛い・・・。

それでも彼は、私に言った。
「責任を感じないでください」

本社の人たちにも、職場の人たちにも、とてもよくしてもらっているのだという。
さらに、仕事は楽しく、勉強させてもらっているからと。

彼に会社と争う気持ちは全くなく、
今の仕事を頑張りながら、あわてずに自分の職業人生を考えていくのだと。

そして、その活動のために、
引き続き私に相談しながら進めたいのだと。

彼の意思と、姿勢と、私を信じ、思いやる気持ちと・・・
そういうものの強さと暖かさに、涙が出そうになった。



スポンサーサイト
  1. 2014/08/24(日) 12:42:58|
  2. 想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<思い出のマーニー | ホーム | 季節>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kokoro396.blog54.fc2.com/tb.php/394-08af322a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↓↓クリックしてね↓↓

人生 :成長 :カウンセラー :癒し :キャリア