FC2ブログ

「人の成長」に関わる者


ちょうど3年前、子どもの「遊び」と社会に出て生きることとの関係性について書いた。

本来子どもは、小さな頃に遊びを通して周りの子どもたちや大人との接し方を学ぶ。
両親共働きや、インターネットやゲーム環境の充実によって、小さな頃に学ぶべき「遊び」の場は年々少なくなっている。
それは小さな社会を学ぶことなく大人になって、いきなり大きな社会で生きることに戸惑いを覚える若者たちにつながっている、と。
人の成長に、身近な大人、保育関係者、教職員、そしてキャリア支援者が一体となって考え、関わっていかなければいけない、と。

あれから3年、保育士を目指す学生に対して、キャリア形成の講座を行う機会に恵まれた。
伝えたいことがたくさんある。
考えてほしいことがたくさんある。

「子どもが好き」という気持ちに加えて、
働くということについて、自分自身の人生をどう生きるかについて、真剣に考えてほしい。
子どもを大切にするのと同じように、自分自身の人生を大切に生きてほしい。
そう願いつつ、私も「人の成長」に関わる者のひとりとして、学生たちに向き合ってこようと思う。



スポンサーサイト
  1. 2014/03/05(水) 18:29:43|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<深呼吸 | ホーム | 空飛ぶ自転車>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kokoro396.blog54.fc2.com/tb.php/380-fd9c322d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↓↓クリックしてね↓↓

人生 :成長 :カウンセラー :癒し :キャリア