FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

親子関係

親と子…

世の中には、いろいろな親子関係があるだろう…
そのこと自体は、もちろん悪いことではない。

ともだち親子…
最近よく耳にする言葉だが、それも、子どもがある程度の年齢になり、そこに至るまでの様々なできごとを乗り越えてきた結果なら、ありだと思う。

けれども中学生の息子が、父親に対して、
「お前」とか「〜しろよ、てめえ」とか「バカじゃねえの」とか…

ケンカをしてついカッとなって口をついたというのでもなく、
会話の中にあたりまえのような顔をして頻発するというのは…


ある日たまたまレストランで隣り合わせたその親子。

そもそも、父親が「ここ単価高いな」って言った場面に遭遇し、
中学生の息子に言うことかと眉をひそめたのが始まりだった。

それからふたりは食事を始めるが、父親はくちゃくちゃと音を立てたりこぼしたりしながら食べる。
息子がそれを叱責する。
「汚ねえんだよ、音立てんなって言ってんだろ、てめえ!」と…

確かに汚ない。
そばで食事している私にとっても不愉快なことだ。
息子は腹を据えかねて乱暴な口をきいたのだろうと、その時は思った。

しかし…

どうやら食事のあとで父に勉強をみてもらうのが目的らしく、その後もふたりの会話は続いた。

その様子は実に滑稽で、虚しさすら感じるものだった。

互いに口は悪いし大きな声は出す。
レストランという公衆の面前で、親子で罵倒しあう。

親は親で、親としての自覚が見えない。息子とどう向き合うべきかわかっていない。
わかっているかどうか以前に、考えたことすらないように見える。
息子は息子で、父にだらしないところがあるにせよ、とてもじゃないけど人にものを教わる態度じゃない。

…これでコミュニケーションのあり方に問題がないとするならば、人として何か問題を抱えたままの大人になるのは目に見えているのではないのか…。

こういう子どもが大学生になり、就活の時期をむかえ、何も考えを持たないまま、就職が決まらないと嘆く…。
そして親は、「早く決めろ、何をしているんだ」と、ただ叱責する…。

そんなことを考えていたら、見ているこちらが泣きたい気持ちになった。

今の親子関係は、このままでよいのだろうか…。






スポンサーサイト
  1. 2013/11/15(金) 19:01:59|
  2. 想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<成長した姿 | ホーム | テレビドラマに思う>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kokoro396.blog54.fc2.com/tb.php/367-d1f854a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↓↓クリックしてね↓↓

人生 :成長 :カウンセラー :癒し :キャリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。