FC2ブログ

生きにくさを抱える若者たち


発達課題や心の病を抱える若者が増えている。

そういう自分を知ったうえで、少しでも世の中の仕組みに馴染んで生きられるようにと、努力し続けている子も多い。

ところが親たちは、なかなかそんな彼らの生きにくさに気づかない。

今の大人たちが子どもだった頃には発達障害という認識はなく、心の病もそんなに知られていなかった。
「変わった子」「できの悪い子」で済まされていた。
そういう子どもたちが何の手当ても施すことなく大人になり、そんな大人たちに育てられたのが今の若者たちだ。

だから、親たちが子どもの生きにくさに気づけないのは、
もしくは薄々感づいてもなす術がないのは、ある意味仕方がないとも言える。
でもだからこそ、私たちが関わることで、親につなぐことができないかと考える。


今年もたくさんの、生きにくさを抱えた若手たちに出会った。
そしてそのうちの何人かは、親につなぐことができた。

もちろん私ひとりの力ではできない。

一番は、子どもたち自身の頑張りだ。
『この状況を何とかしたい』という、彼らの気持ちだ。

そして次には、心の専門家によるフォローが必要になる。

若者たちが生きにくさについて自ら問題意識を持つ最も大きな契機が、就職活動だと言える。
その時に出会うのが、私たちキャリアの専門家だ。

そこで私たちが如何に彼らの課題に気づき、彼らの気持ちに寄り添い、適切な専門家との連携を図れるか。
このことは、親につなぐことができるかどうかの重要な分岐点だと思う。

とかく専門家たちは、自身の職域を越える場合、適当と思われる機関を提示するにとどまる。
しかしそれだけで自ら動ける子であれば、状況はそれほど深刻ではなく、
『この人に相談してもダメなのか』、『またひとりになってしまった』と悲観してしまう子が多いことに思い至らなければいけない。
専門家同士が手を組み、『一緒にあなたの力になる』という姿勢で取り組むことが大切だと思うのだ。


生きにくさを自覚してから何年もの間、親に話すことができずにひとりで頑張り続けた子がいた。
でも彼には、私のほかに複数の支援機関の専門家がついていた。

私たちは連携して彼の最大の問題である親の理解を得るべく、作戦をたて、彼を励まし、寄り添い続けた。

そしてこの暮れに、両親と専門家との面談の機会を得ることができた。
後日、家庭内での状況に変化が生まれたことを、本人が涙ながらに報告してきたという。

彼がこの先、キャリアの新たな局面を迎えたとしても、
両親の理解のもと、広い選択肢の中から人生を選択していくことができるだろう・・・。





スポンサーサイト
  1. 2013/12/30(月) 14:12:18|
  2. 想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014年 元日 | ホーム | 感じること、考えること>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kokoro396.blog54.fc2.com/tb.php/366-70f5c660
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↓↓クリックしてね↓↓

人生 :成長 :カウンセラー :癒し :キャリア