FC2ブログ

留学生

担当する専門学校のひとつに、留学生クラスを持つ学校がある。

その学校の進路研修に参加し、『留学生のための就活講座』と『面接指導』を行った。


多くの日本人学生がそうであるように、彼らもまた
『働く』ってどういうことなのか、『就活』って何なのか、
そこから意識づけをしていかなければならない。

それに加え、彼らには
『なぜ日本に来て、なぜ日本で働くのか』
という課題が突きつけられる。


彼らの日本語力で、どれだけそれらの考えを訴えられるだろうか…


かつて、機械や土木や金属加工の技術さえあれば、片言の日本語でも働くことができた時代があった。

でも今は違うのだ。
時代は変化している。

日本で働こうとする外国人が身につけられるスキルの選択肢は多様化した。

彼らの求める働き方も多様化したし、受け入れる企業側のニーズも多様化した。

そんな状況下、多くの応募者の中から内定を勝ち取るには、ただ『技術力がある』だけじゃダメなのだ。


自分という人間は何者なのか、
なぜ日本なのか、
異国の地で働くことは自分にとってどういうことなのか…

これらの問いに真摯に向き合い、
しっかり日本語力を磨いて、
日本企業に訴えかける必要がある…。


学生の就職事情が厳しいと言われて久しいが、
日本で学ぶ留学生にとっても、決して生やさしくはない。

それでも、あきらめずに信念を持って、頑張り続けてほしいと願うばかりだ。

先日就職を決めた、彼らの先輩のように…。




スポンサーサイト
  1. 2013/05/23(木) 21:07:04|
  2. 想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<運がつく?! | ホーム | 『興味あること』と『やりたいこと』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kokoro396.blog54.fc2.com/tb.php/349-be6e1328
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↓↓クリックしてね↓↓

人生 :成長 :カウンセラー :癒し :キャリア