FC2ブログ

嵐のあと

人は、どんなに多くを経験し学んできたつもりでも、学びを終えることはないのでしょう。

人を許すこと、自分を許すことを体験し、学び得たつもりでも、未だ許せないものがあることに気づかされます。

そしてその許せない気持ちは、誰のせいでもなく、自分自身のエゴなのだということにも…。


組織で働くなかで、
“仕事だから”これだけは許せない、
プロとして、人として、最低限のマナーは守ってほしい、
それ以外に何も求めてはいないはずだ…
そんなふうに思う自分がいます。

善いとか悪いとかじゃない、日頃そう心しているはずなのに、
いまだに組織内部の人間に対しては、善し悪しを判断して「許せない」と思う自分がいるのです。


今また、そんなふうに思う出来事が起きたのは、いいかげんに気づきなさいということなのでしょう。
そんなふうに思うこと自体が、エゴなのだと…。


数日前の嵐

あの雨風は、今までのやり方を洗い流して…

今度は違う解決を導き出せるんじゃないかと、そう思わせてくれました…



スポンサーサイト



  1. 2012/06/21(木) 19:10:50|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生まれ来る子どもたちのために | ホーム | 信頼と情>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kokoro396.blog54.fc2.com/tb.php/314-37fbfe21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↓↓クリックしてね↓↓

人生 :成長 :カウンセラー :癒し :キャリア