FC2ブログ

学び

先日面接セミナーにやってきた学生の話。

大学で中国語と漢詩を学んだそうです。

彼女は卒業後の進路を、専攻分野を直接的に活かす道、とは考えていないといいます。

けれど漢詩を学ぶことによって、人として、日々の生活に活かすことのできる貴重な考え方を学んだというのです。

私は、これこそまさに“学び”のあり方だと、いたく感心したのでした。


例えば国語は、文章を読み解く力、書く力を養うのはもちろんのこと、日本人として、日本語の美しさや感性を身につける学問でもあると思うのです。

数学は、より効率的な考え方を身につけるもの。

歴史は、過去の出来事やその時代を生きた人々の姿から、今を生きる私たちのあり方を学ぶもの。


…子どもたちには、そんな意識を持って学校の勉強に取り組んでほしい。

暗記するのではなく、いろんな可能性にわくわくしながら学んでほしい。

そう願ってやみません。




スポンサーサイト



  1. 2012/03/06(火) 08:49:02|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< | ホーム | 朝のカフェで思うこと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kokoro396.blog54.fc2.com/tb.php/302-9f13b8cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↓↓クリックしてね↓↓

人生 :成長 :カウンセラー :癒し :キャリア