FC2ブログ

人のすがた

計画停電が実施されて3日めとなりました。

テレビで「電力が足りない」「計画停電を実施する」と発表されたあと、多くの商業施設やオフィスが積極的に節電を始めました。

それに個人個人も心がけたことで、予想を上回る電力が確保されたといいます。

一方、計画停電が公表どおりに行われないことへの苦情が相次いでいるともいわれています。

…そもそも戦後の急発展の中で、今日の事態を想定して全国の電気を整備したわけではないのだし、
前述したような努力や協力によって日々の電力事情は刻々と変化しているのです。

通勤の足を確保するために、鉄道各社との調整も続いています。

こんな流動的な状況の中、停電する予定が実はしなかったり、若干公表のエリアとずれたくらいで大騒ぎしなくても、と思います。

数時間の不便が、間接的にでも被災地の方々への協力につながるのです。

被災地の人々はもっともっと、想像を絶する思いをしているのだから…。

大変な中にいる彼ら自身が口々に言っているではありませんか、
「生きているだけでいい」「たくさんの方々のおかげで助けられた」と。


今の状況の中でできることを淡々と、粛々としていくのが、被害もなく生きている私たちの役目ではないでしょうか。


あちこちのスーパーやコンビニでは買い占めが相次ぎ、必要最低限のものを買い求めようとしても品切れになっています。

こういうときだからこそ、生活に必要な量をわきまえて購入してほしいものだと思わずにはいられません。


あまりにも便利で自己の権利を拡大してきた私たち日本人の、あり方を問われていると感じるのは大げさでしょうか…。





スポンサーサイト



  1. 2011/03/16(水) 12:45:06|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<早咲きの桜 | ホーム | 東日本大地震>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kokoro396.blog54.fc2.com/tb.php/265-39d5c721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↓↓クリックしてね↓↓

人生 :成長 :カウンセラー :癒し :キャリア