FC2ブログ

東日本大地震

観測史上最大規模といわれ、広範囲にわたって被害が出ている今回の地震…。


先月、自然現象の教訓について書いたばかりです。

その後も政治家の不祥事や足の引っ張りあいばかりが取り沙汰される中、やはり今回の地震も警告なのではないかと思えてしまいます。


先月あれだけ大きな被害にみまわれたニュージーランドの救助隊が、
『日本へ恩返しできることへの誇り』と『こんなにも早く日本の救助隊に再会することへの悲しみ』を抱いて来日してくれました。

他にも様々な国が、国内の様々な企業が、救助活動や物質の提供にあたっています。

たくさんの支援を受け、このあと日本がどう生きていくのか。
まさに試されるときだと思うのです。


それでなくても厳しい雇用情勢の中、テレビで報道される被災された方々へのインタビューでは、
複数の男性から聞かれた「会社がなくなってしまった…」という言葉が印象的でした。

こんなときこそ、全国にある労働力を結集して復興にあたるべく、国が音頭をとれないものかと思うのです…。





スポンサーサイト



  1. 2011/03/13(日) 16:38:23|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人のすがた | ホーム | 「遊ぶ」こと「生きる」こと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kokoro396.blog54.fc2.com/tb.php/264-722b37cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↓↓クリックしてね↓↓

人生 :成長 :カウンセラー :癒し :キャリア