FC2ブログ

「遊ぶ」こと「生きる」こと

子どもの「遊ぶ」権利について考えるフォーラムが開かれたそうです。

近年、世の中の様々な要因によって、子どもの「遊ぶ」権利が阻害されていると。

この状況に警鐘を鳴らしていこうというのがフォーラムの目的だということです。


今、高校や大学を卒業し就職の時期になっても、何がしたいのかわからない若者たちがいます。

子どもの頃に遊びを通して周りの子どもたちや大人との接し方を学ぶ、その過程が昔とは大きく変わった今…

それは小さな社会を学ぶことなく大人になって、いきなり大きな社会で生きることに戸惑いを覚える若者たちにつながっているように思うのです。

日頃若者たちの職業相談を受けるにつけ、新聞記事を読むにつけ、
在学中の早い段階から、働くとはどういうことか、社会で生きるとはどういうことか、考えるくせを身につける必要があると感じます。


けれどこれは、就職を目前にした若者たちだけの問題にとどまらず、
子どもの「遊び」の段階から考えていかなければならないことなのだと気づかされます。

身近な大人たち、保育士さん、幼稚園の先生、小中高校や大学の教職員、それに私たちキャリアカウンセラーが、一体となって「人の成長」を考え、見守っていかなければいけないと思うのです。



スポンサーサイト



  1. 2011/03/03(木) 07:39:48|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東日本大地震 | ホーム | 梅の花>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kokoro396.blog54.fc2.com/tb.php/262-9045e453
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↓↓クリックしてね↓↓

人生 :成長 :カウンセラー :癒し :キャリア