FC2ブログ

スポーツ中継の『会話』

テニス テレビでテニスの試合を観てたらこんな時間になってしまいました・・・

ウィンブルドン3回戦。女子シングルス、ビーナス・ウィリアムズ対スアレス・ナバーロ戦でした
ウィリアムズの勝利で決着したこの対戦でしたが、テレビを観ていてあらぬことが気になってしまった私・・・i-mode絵文字風・汗
つい 「話を聴く」 とか 「他の人同士の会話を聴く」 とかいうことに耳が向いてしまうのです

私はテニス、野球、バレーボール、アイススケートなどを時々観るのですが、スポーツ中継って、実況担当と解説者がいますよね。

このふたり、会話しながら視聴者に説明しているようでいて、実は会話なんてほとんど成立していないんですね・・・

フェデラー今日の例をとると、実況の方が 「ビーナスが“りきみ”によるミスを出さないために何かできることはありますか?」 「スアレス・ナバーロが、サービスゲームの最初のポイントを取るために何かできることはありますか?」 など解説者に質問します。
そのあとに続く解説者の話は、どちらかというと実況中継的で、テレビを観てたらわかることだったりするんです。質問の答えにはなってないんですね・・・。

 この写真は、本文とは直接関係ないのですが・・
  私が個人的に、このウィンブルドンの大会で優勝してほしいと願う
    ロジャー・フェデラーです


もちろん実況と解説のやり取りは人にもよるのでしょうし、答えになっていない解説の方が悪いわけでもありません。実況の方も、質問のパターンがいつも同じだったりするし・・

いいとか悪いとかじゃなくて、いろんな 「話し」 とか 「しゃべり」 を聴くのっておもしろいですネコ
最近、喫茶店でを飲んでいてもつい人の会話を聴いてしまったりするのですが、話し手・聴き手それぞれにタイプはいろいろで、飽きませんねニヤニヤ

最後に
私が時々観るいくつかのスポーツ中継の中でも、実況と解説の話に特に違和感を感じるのは、アイススケートとテニスです
あ、でも。 テニス今、男子シングルスの3回戦が始まったんですが、こちらの実況と解説のおふたりの会話は自然な感じがします



↓↓クリックしてね↓↓


人生:成長:カウンセラー:癒し:キャリア

スポンサーサイト



  1. 2009/06/28(日) 02:34:12|
  2. できごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続 ・ スポーツ中継の『会話』 | ホーム | 島人-しまひと-の知恵>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kokoro396.blog54.fc2.com/tb.php/25-cc78ab77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↓↓クリックしてね↓↓

人生 :成長 :カウンセラー :癒し :キャリア