FC2ブログ

素直になれない大人たち

 先日、美術館に行った時のことです。
上野の、とある  コーヒーshopでのできごと・・・。
 で大声で話す、50代と覚しき男の人・・・。

・・・電話が終わると、「ここは電話する場所じゃないですよ」と注意する男性がいました
すると電話していた人は注意した男性を睨むんです・・・

その様子を見た注意した男性は、静かに「怒ってもいいですよ」と言いいました。
電話をかけていた人は、「怒ってるんじゃない。呆れてるんだ」と…。

・・・呆れてるのは周りにいる者の方です・・・
少なくとも私は、開いた口がふさがりませんでした jumee☆ohwell4L

ああいう人が会社で部下を持って働いているのだから、今どきの大人に「今どきの若い者は・・」なんてこと言えませんね。
もしも今の若者がマナーを知らなかったり誉められない習慣を身につけているのだとしたら、そうさせたのは大人なのではないでしょうか・・・?

あの  の男の人は、注意を受けたとき、素直に「そうでしたね。ごめんなさい。」って言えませんでした・・・。
高圧的、威圧的な注意だったなら、素直になれないのも仕方がないかも。だけど注意した男性は、とてもおだやかに、嫌味ではなくごく素直に自然に、「ここは電話する場所じゃないですよ」と言ったのに・・・
本当は、あの男の人だって公共の場での  通話は控えなきゃいけないことくらいわかってたはずなのに・・・
 マナーを守れない大人、人の話に素直になれない大人が若者のことを嘆くのは、何かもの悲しい気がします・・・

 社会的地位とか、プライドとか、権力とか、年齢とか・・・
そんな鎧や兜は外して、ただ素直に、人の話に耳を傾け、自分の心に向き合える大人でいたいと改めて思い直したできごとでした 




今回久しぶりに美術館に行けたのは、実はお友達の作品を観せてもらうためだったのです

玲子さん作品      陶器でできたお人形です
とっても愛らしいステキな作品です




:人生:成長:カウンセラー:癒し:キャリア

スポンサーサイト



  1. 2009/06/22(月) 20:49:45|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<紫陽花-あじさい- | ホーム | 「ただ立っている」こと>>

コメント

[確かに、素直に否をに認められない人がいますね。
megg★pearlさんのご指摘に共感します。v-424
世の中がカリカリしていますね。
ただ、私も反省です。…なかなか家族には
素直になっていませんe-263
  1. 2009/06/23(火) 08:03:32 |
  2. URL |
  3. doll #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/06/23(火) 09:37:52 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

dollさん、こんにちはe-343
私自身も、いろんなできごとから気づきを与えてもらい、勉強の毎日です。
大切なのは、何かを感じること、それを自覚すること、だと思っています。
ありがとうございますe-466
  1. 2009/06/23(火) 16:35:57 |
  2. URL |
  3. megg★pearl #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

kaoさん、貴重なコメント、ありがとうございますe-466

> 不の感情はそのまま言葉にしても、相手に届かない。言葉は相手に届くよう使うもの。
> 喧嘩を売るようにならないよう、心に届くよう言葉をえらべたら、無意味な争いで、傷つけあう事はなくなるかな~と思います。

本当にそうなんだと思います。今回注意をした男性もそうですし、前にも電車の中で素敵な女性を見かけました。大きな声で話すカップルに、「大変申し訳ないのですが、もう少し静かにしていただけるとありがたいのですが。」と言ったのです。
“うるさく話すあなたが悪い”のではなく、“静かにしていただけると私がうれしい”というのですね・・。
とても感動するのと同時に、私にもそうできるだろうかと考えさせられたことをよく覚えています。

こちらこそ、みなさんからいただくコメントにいつも助けられ、気づかされ、考えさせられ、成長させてもらっています。
ありがとうe-266
  1. 2009/06/23(火) 16:53:47 |
  2. URL |
  3. megg★pearl #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kokoro396.blog54.fc2.com/tb.php/13-5dc9817c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↓↓クリックしてね↓↓

人生 :成長 :カウンセラー :癒し :キャリア