FC2ブログ

高校野球


今年はプロ野球もおもしろい。
息を飲む競り合いや、各球団の世代交代。

いよいよリーグ戦も終盤になってくると、
高校野球の全国大会が始まる。

100回記念大会の今年、地元神奈川からは2校が出場する。
1校は開幕初日から出場となる。
思いきり、力を出して戦ってほしい。

それにしても、高校野球とはなぜにこれほどまでの感動をくれるのか。

それが『仕事』ではなく、本当に好きなことをしている。
練習は厳しくても、ただ勝ちたい、甲子園に行きたい、
その一心で監督の教えを守り、仲間に対して真摯に、
少しでも成長しようと努力する。

スポーツは、時にフィクションでも描けないような奇跡と感動を起こす。
そんな奇跡の起こる確率は、仕事として毎日試合をするプロよりも、
限られた舞台で輝こうと練習を積む高校生の方が圧倒的に多いように思う。
だから殊更に、高校野球に感動するのか。

ただ今年は、プロ野球でも真の奇跡や感動を起こす場面が増えているように思う。

なんとなくプロスポーツの中に漂う、
「こんなところだろう」「このケースはこの辺りが妥当だろう」
そんなムードが、今年は変わってきているように感じる。

本来スポーツにあるべき、一所懸命さや勝利への熱い想い。
そんなものが、プロ野球にも戻りつつあるように見える。

どんなにベテランになっても、プロになっても、
忘れてはいけないことがある。
どうすれば今目の前の状況がよくなるのかに集中すること、
こんなもんだろうと決めつけず、一つ一つのケースに真摯に向き合うこと。

その積み重ねが、必ず感動を生む。
高校野球は、それを改めて思い出させてくれる。




スポンサーサイト



  1. 2018/08/05(日) 14:17:39|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

↓↓クリックしてね↓↓

人生 :成長 :カウンセラー :癒し :キャリア