FC2ブログ

働く力


ある地元中小企業の話。
職場定着率が高く、平均勤続年数も長い。
採用担当者は、とても熱心で面倒見のよさそうな人だ。
昨年新卒で採用してもらった子にも気をかけてくれていて、
元気で頑張っていると聞いている。

そんな企業だから、個々の持つ『働く力』が活かされているのだろうと感じていた。


障害者雇用をしたことのないこの企業に、
法定雇用率があがるのに先立って相談を持ちかけたのは、
11月のことだった。

発達障害があるが、数理の分野に高い能力を発揮すると思われる男の子。
選考について検討してみてもらえないかと。

採用担当の彼女は、早速上司にかけあってくれた。
書類選考、適性試験、面接、配属先の職場見学と、
彼の負担にならないよう、日程に配慮しながら進めてくれた。

並行して、社内の受け入れ体制整備に動いてくれていた。
障害について知ること、経営陣に理解を求めること、
入社後の連絡・相談体制を整えること・・・。

本当に積極的に動き、判断に迷うときは相談してくれた。
選考過程の中で彼の能力や背景を知り、採用意欲はとても高くなっていた。
そして採用まで、最終の意思確認を残すのみというところまで進んだ。
しかし・・・

最終的に役員会は、受け入れ体制の準備が不足していると判断した。
既存の従業員に周知し理解を求めることは、
障害者雇用の中でも最も重要で、かつ最も難しいところだ。
常に採用担当の彼女がそばにいられればよいかもしれないが、
彼の能力を活かすための配属を考えれば、そうもいかない。
配属先の従業員の理解と協力がなければ、互いに不幸になる。

彼女と彼女の上司は、今回の結果について報告と説明をするために、
わざわざ私のところまで足を運んでくれた。
力不足で申し訳ないと言ってくれた。
彼の能力を高く評価し、人となりを受け入れてくれた。

そして、あろうことか私にまで、
今回、会社に考えさせる機会を与え、ここまで動かしたのはあなたの力だと、感謝を伝えてくれた。


このできごとは、
その学生にとっては、とても残念な結果ではあった。
けれど彼には、今回の評価を自信にしてほしいと思う。
自信を持って次の行動に移ってほしい。

私にとっては、
こんなに一所懸命に、誠実に、向き合ってくれる企業があるのだと、
熱意を持って取り組めばこれだけ信頼し合うことができるのだと、
再確認できたできごとだった。

そして企業にとっては、
今後ますます企業としての社会的責任を果たしていくために、
今回のできごとが大きなきっかけとなった。

彼女たちは約束してくれた。
必ず社内体制の整備を進め、従業員教育に取り組み、
彼のような子を採用できるようにしていくと。


障害や病気があっても、
彼らには働く権利もあるし、社会に参画する権利もある。
私たちには真似できない、高い能力を発揮することだってできる。

互いに理解しようと思って関わることができれば、
自分と違うものを排除しようとしなければ、
そのために、小さな努力を一人ひとりが積み上げれば、
たくさんの『働く力』が輝ける世の中になるはずだ。

キャリアコンサルタントとして、
そんな世の中をつくっていく一端を担いたいと思う。





スポンサーサイト



  1. 2018/03/21(水) 16:00:15|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

↓↓クリックしてね↓↓

人生 :成長 :カウンセラー :癒し :キャリア