卒業生の言葉


担当してきた子供たちが、このところ立て続けに内定して私の手を離れていく。
様々な課題を抱えながらそれを乗り越えて卒業していく子も多く、そういう子の旅立ちは特に感慨深い。


彼に初めて会ったのは、2年半前、彼が大学4年生になったばかりの時だった。

繊細な感覚の持ち主で、傷つきやすく、
どちらかというと文系で哲学史でも研究していそうなタイプなのに、
実は理系で、ゼミにも馴染めず悶々としているような、そんな子だった。

繊細すぎるうえにこだわりの強いところもあって、とても生きにくそうだった。

そんな彼と最初に取り組んだのは、就活を組み立てていくために必要な、基本的な生活リズム、スケジュールを作ることだった。
当時はそれさえもままならず、彼がもう1年かけて4年生をやりなおすことになったのは、神様が時間を与えてくれたのだろう。

1年ほど会わずにいたが、2度めの4年生を終えて卒業が迫った頃に再会した。
その頃はまだ、最初の出会いのときとさして変わってはいなかった。

相変わらず生きにくそうだし、そんな彼の就活スタイルは、他の多くの学生と同じでは難しいだろうと考えた。
彼のペースを尊重し、時に折れそうな心に寄り添い、時に叱咤激励し、腰を据えて向き合ってきた。

卒業して、夏になった頃だっただろうか、彼に変化を感じるようになった。
生きにくさを抱える自分自身を理解し、少しでも気持ちの振れ幅を小さくすべく行動できるようになってきた。

秋、そんな彼に出会いが訪れた。
長い長い就活が、終わる時を迎えた。

卒業の日、彼は言った。

「少し自分を知る人は、ヤル気がないんじゃないかって言う。でもあなたは自分のことをわかってくれていて、それをふまえて導いてくれた。感謝しています。」


・・・言葉の力・・・

彼がこんな風に言葉を伝えてくれただけで、それ以外は何もいらなかった。
それだけで、私は充実感を得ることも、幸せを感じることも、明日からの力にすることもできた。

言葉の力とは、なんて強い力なんだろう。
人の成長とは、なんて素晴らしいものなんだろう。

卒業生の言葉の力に感動を覚える、そんなできごとだった…。



スポンサーサイト
  1. 2013/11/26(火) 19:38:21|
  2. 想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言葉の力


先日、久しぶりに松山千春のコンサートに足を運んだ。

彼は、『言葉の力』の大切さを語った。
これは私が日頃から大事にしていることのひとつでもある。

ステージを創ることは、
講座やセミナーを創ることと同じだと思った。

今回のステージはどんなテーマにするのか。
それを伝えるために、どんな話を、どんな流れでしていくのが効果的か。
どんな言葉を選ぶことが効果的か。

これは、
今回の講座・セミナー開催の意図とは何か。
それを伝えるために、どんな話を、どんな流れでしていくのが効果的か。
どんな言葉を選ぶことが効果的か。
というのと同じことだ。

こんな視点で観た久しぶりのコンサートで、彼がステージに立ち続ける意味をみたような気がした。



  1. 2013/11/23(土) 23:20:57|
  2. 想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成長した姿


学生の就活支援を担当している学校から、作品発表会の招待を受けた。
美容系専門学校の2年生の発表会だ。

ちょうど1年前、彼女たちの就活特別講座を受け持った。
その後個別相談を担当した学生もいる。

そんな彼女たちの、作品発表会…。
その開催を聞くだけでも、充分感慨深い。
それが、実際に目の前で見ることになると…。


発表会のテーマ、ストーリー、
それに、モデルを務める学生が身にまとう、メイクやネイルといった作品たち。
ステージ上で見せるヘアメイクのデモンストレーション。

それらのすべてを、あの幼かった学生たちが創り上げたのかと思うと、感動して涙が出た。

1年で、人はこんなにも成長するものなのだ。

今日の彼女たちの姿を励みにして、また新しい出会いと向き合っていこうと思う。



  1. 2013/11/16(土) 15:35:52|
  2. 想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

親子関係

親と子…

世の中には、いろいろな親子関係があるだろう…
そのこと自体は、もちろん悪いことではない。

ともだち親子…
最近よく耳にする言葉だが、それも、子どもがある程度の年齢になり、そこに至るまでの様々なできごとを乗り越えてきた結果なら、ありだと思う。

けれども中学生の息子が、父親に対して、
「お前」とか「〜しろよ、てめえ」とか「バカじゃねえの」とか…

ケンカをしてついカッとなって口をついたというのでもなく、
会話の中にあたりまえのような顔をして頻発するというのは…


ある日たまたまレストランで隣り合わせたその親子。

そもそも、父親が「ここ単価高いな」って言った場面に遭遇し、
中学生の息子に言うことかと眉をひそめたのが始まりだった。

それからふたりは食事を始めるが、父親はくちゃくちゃと音を立てたりこぼしたりしながら食べる。
息子がそれを叱責する。
「汚ねえんだよ、音立てんなって言ってんだろ、てめえ!」と…

確かに汚ない。
そばで食事している私にとっても不愉快なことだ。
息子は腹を据えかねて乱暴な口をきいたのだろうと、その時は思った。

しかし…

どうやら食事のあとで父に勉強をみてもらうのが目的らしく、その後もふたりの会話は続いた。

その様子は実に滑稽で、虚しさすら感じるものだった。

互いに口は悪いし大きな声は出す。
レストランという公衆の面前で、親子で罵倒しあう。

親は親で、親としての自覚が見えない。息子とどう向き合うべきかわかっていない。
わかっているかどうか以前に、考えたことすらないように見える。
息子は息子で、父にだらしないところがあるにせよ、とてもじゃないけど人にものを教わる態度じゃない。

…これでコミュニケーションのあり方に問題がないとするならば、人として何か問題を抱えたままの大人になるのは目に見えているのではないのか…。

こういう子どもが大学生になり、就活の時期をむかえ、何も考えを持たないまま、就職が決まらないと嘆く…。
そして親は、「早く決めろ、何をしているんだ」と、ただ叱責する…。

そんなことを考えていたら、見ているこちらが泣きたい気持ちになった。

今の親子関係は、このままでよいのだろうか…。






  1. 2013/11/15(金) 19:01:59|
  2. 想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テレビドラマに思う

最近のテレビドラマには、公務が取り上げられることが多いように思う。

3年くらい前には、刑務官のドラマが放送された。
死刑制度に関する議論は尽きることがないが、ちょうどこの頃は頻繁に取り上げられていたのではなかったか…。

2年くらい前には、航空管制官。
この頃は、新たな航空サービスや安全性が取り上げられていたように思う。

そして今年の初めだったか、自衛官のドラマがあった。
まさに自衛隊のあり方が議論されていた。

今は、労働基準監督官が取り上げられている。
若者の使い捨てが疑われる企業の取り締まりを強化している最中だ。

…こうして見ると、政治的意図があるのではないかとさえ思えてくる…。

テレビドラマを見ればその時の世の中が見えてくるのはある意味当然とは思うが、
逆に世の中の動きを意識させ 考えさせるために、ドラマをつくり放送しているのだとしたら…

そんな風にも考えてしまうのは、飛躍しすぎだろうか…。



  1. 2013/11/14(木) 13:46:18|
  2. 想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

↓↓クリックしてね↓↓

人生 :成長 :カウンセラー :癒し :キャリア