公務員試験にみる時の流れ

昨年から、公務員試験を受験する学生からの相談が驚くほど増えている。

6月から7月にかけてのシーズンは、まるで公務員試験対策の予備校かと思うほどだ…。

評判は学生の間で口コミで広がり、今年も多くの学生が訪れている。


公務員志望だからといって、やることは他の学生と変わらない。

いやむしろ、『なぜ民間ではなく公務なのか』という点で、民間志望の学生より難しいかもしれない。


20数年前、私自身も公務員試験を受けているが、その頃とは比べものにならないくらいシビアな面接になっているように思う。

当時は筆記さえ通れば、面接はよっぽどの代物でなければ通過したのだろう。

私自身、そのくらい深く考えていなかったと思うのだ…。


ただ、当時の私も私なりに考えていたことはあったのだろうし(…おそらく…)、それなりに自分の言葉で話すことはできたのではないか、とは思う…。

今、向き合う学生たちは、自分の考えを自分の言葉で話すということがなかなかできない。

たくさんのことを学んでいるはずなのに、ただ“受け取る”だけで、そこに“感情”や“考え”がない。

だから、こういうことがあったという“事実”しか話せない。

その“事実”から生まれたものや、それと今の自分とがどうつながっているかを、見いだせないのだ…。


公務員は、筆記試験さえ通れば大丈夫…

そんな時代はもう過去のことだ。

面接試験に落ちた学生たちをたくさん見てきた。

大学生がⅡ種試験を受けるようになったのは、もうだいぶ前からだと思う。

そうなると筆記試験の合格者は増えるから、必然的に面接試験での不合格者も増える。

折からの不景気→安定思考。

学生が“考え”を持てなく、もしくは伝えられなくなってきたこと。

様々な要素が絡み合ったその頃から、公務員試験は、なるべくして民間並みのシビアさを呈してきたのだろう…。


…きっかけはどうあれ、今や公務員は“お役人様”ではないのだ。

市民、国民への幅広いサービス請負人として、遅かれ早かれ、面接試験を通してシビアな人選をせざるを得なかったはずだ。


…公務員試験という限られた分野を見るだけでも、時代の変化や“人”そのものの変化をこんなにも感じるものかと、驚かされている…




スポンサーサイト
  1. 2013/07/22(月) 12:31:55|
  2. 想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ある旅番組に寄せる思い

はスポーツやニュース以外にさしてお気に入りを持たない私だけれど、
TVKの『キンシオ』というぶらり旅の番組は気に入っている。


観光地ではない、
日常の、生活に身近な街を歩く旅。

その中で旅人の目に留まるもの、旅人の感性、考え方…

そこに住む人にとっての日常に、旅人は驚き、感動し、出会いに感激を覚える…。

そんな旅の歩き方が、私自身の旅と似ている。

見るたびに、これぞ旅のおもしろさ…としみじみ思う。


旅の楽しみ方ひとつとっても、人それぞれいろんな楽しみ方がある。

それはその人その人の価値観の違いといえるだろう。

似たような価値観を感じられるものに対して、人は安心感を覚える。

『ホッとしたい、そんな時間に見たい番組ランキング』
なんていうものがあるとしたら、
私にとっては『キンシオ』が間違いなくトップだろう。




  1. 2013/07/17(水) 20:03:05|
  2. 想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

傘について

梅雨の時期。
とはいえここ数年、梅雨入りや梅雨明けの宣言が虚しく聞こえるけれど。

梅雨らしい雨は年々減って、時期を問わず台風のような降り方をすることが多くなった。

いずれにしても、雨といえば傘。


傘に関しては、日頃からいろいろと思っていることがある。

まず、女性には重たいものだ。

それでなくとも女性は大きなバッグを、もしくは複数のバッグを持っていることが多い。

そのうえ傘を差すとなると、かなりの重労働なのだ。

これについては、最近ずいぶんと軽量化されているようではあるけれど…。


もうひとつ思うのが、形状について。

背の高い私にとって、大きさは最重要事項。
小さいと、腰から下はずぶ濡れになってしまう…

さらに最近の台風みたいな降り方を考えると、風対策として強度も重要だ。

その意味では、骨の数の違いや柄の長さの違い、張られた布の大きさの違いなど様々な種類が出ていて、ニーズに応えているようではある。

…ただ…。

私は、張り布の形が総じて円形であることに疑問を抱いている。

人が傘を差すと、円の中心はどうしても、前寄りかつ左右どちらかに寄るのだ。

私は右手で傘を持つので、円の中心は前寄りかつ右寄りになる。

頭のてっぺんに乗せられでもしない限り、この状態は免れない。

つまり、どうしても後ろ側と左側を覆うスペースが狭くなってしまうのだ。

これを解決しようと思うと、半分は円形、半分は楕円形、という不思議な形になるのかもしれない…。

そんな形でうまくたためるのか、甚だ疑問ではある。

それでも、軽くて丈夫でおしゃれな、
そんな不思議な形の傘があったなら、
ぜひ使ってみたい。

梅雨の雨も、台風のような雨も、もう少し楽しめるような気がする…




  1. 2013/07/01(月) 17:31:54|
  2. 想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

↓↓クリックしてね↓↓

人生 :成長 :カウンセラー :癒し :キャリア