朝のカフェで思うこと

毎朝出勤前に立ち寄るコーヒーショップがあります。

そのお店にいる女の子のこと。

私は決まってブレンドコーヒーを頼むのですが、彼女はいつもレジに『アメリカン』と打ってしまいます。

私は必ずレシートをもらうので、そのたびに「アメリカンで出してしまったんですけどいいですか?」って聞かれます。

私にとっては、コーヒーを飲んで支払いをしたことさえわかればいいので、金額が同じである以上アメリカンでもブレンドでもかまわないのです。

ただ…

大事なことはほかにあるのではないかと思わずにいられません。

例えばレジに入力された情報から、売れ筋の傾向を探ることもできるだろうし、仕入れの参考にもなるだろうと思うのです。

些細なことかもしれないけれど、『仕事をする』ということは、目の前の1点だけを見るのではなく、それがどんな意味をもっているのか、どこにつながっているのかを考えることだと思うのです。

全体の流れの中のどんな位置に自分が立っているのか、それを考えながらするのが本当の『仕事をする』ということだと思うのです。





スポンサーサイト
  1. 2012/02/23(木) 09:00:16|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校受験

高校受験も、私の時代からはずいぶん様変わりしたものです。

前期試験という、内申点と面接試験で入学が決まるのだそうです。

チャンスはもう一度あるらしく、後期試験というのがいわゆる“受験”という言葉にイメージされる筆記試験だとか。

新聞の折り込みにあった塾の広告は、前期試験のための内申点アップをうたっていました。


私事ですが、今年甥っ子がその前期試験で志望校に合格しました。

お正月から面接試験に備えるその姿には、考えさせられました。

大人への過渡期としての高校生活で、何をしたいのか…。

自分の考えを整理し、相手に伝えるにはどうすればいいのか…。

中学生のうちからそういうことに取り組むことは、やがてくる大学の選択や就活に向けて、必ずや力になるだろうと感じるのです。

まさに今、大学生が取り組んでいる就職活動に通ずるものだと。


今私が向き合っている大学生たち。

彼らと同じ姿をいつまでも幼いと思っていた甥っ子に見て、頼もしく感じるのでした…。




  1. 2012/02/13(月) 08:50:00|
  2. 想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おもしろい

『おもしろい』という言葉。

目の前が明るくなる感じを表すのが原義といい、美しい景色を形容する言葉だったいいます。

ここから、『心惹かれるさま、趣がある』という意味を持つのだと。

ほかにももちろん、『楽しい、愉快』や『滑稽なさま、おかしい』の意味があります。

私が『おもしろい』を使うとき、最初にあげた『心惹かれるさま、趣がある』の意味を好んで使います。

聞き手によっては、『楽しい』や『おかしい』の意味に受け取っているのだろうと感じることもあるけれど、それもまたおもしろいと…


『おもしろい』

…様々なものごとにそんな感覚を持つことは、生きていくうえでとても大切な意識だと思うのです。





  1. 2012/02/02(木) 08:49:54|
  2. 想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

↓↓クリックしてね↓↓

人生 :成長 :カウンセラー :癒し :キャリア