スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

気持ちを伝えること

人に感謝の気持ちをきちんと伝えること…

日頃からその大切さを思い、意識してはいるものの、改めてそれを感じさせられることがありました。


若年者支援に移って間もない頃に出会い、半年間にわたってフォローした男の子がいます。

このたび就職が決まり、その報告とこれまでのお礼を私に伝えるために訪れました。

半年間見てきたから、ただ「ありがとうございました」でも気持ちは充分受け取れるつもりです。

だけど彼は、「直接会って半年間のお礼をちゃんと伝えたかった」と訪ねてきたのです。

その真摯な姿にすがすがしい感動を覚え、また頑張れる力になりました。


彼の姿に、私自身もその姿勢を忘れてはいけないと、強く感じたのでした…




スポンサーサイト
  1. 2011/11/28(月) 13:21:55|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女性の活躍

昨日の男子バレーは、後半いい戦いを見せながらもあと一歩及ばず…。

エンジンがかかるのが遅すぎた感は否めない。


最近は、バレーやサッカーはもちろん、あらゆる分野で女性の活躍が目立つ。


子供の成長をみても、男の子は女の子に比べてのんびりしてはいる。

それが大人になってからのあり方にも影響しているのか…。


就活の場でも似たような様子が見られる。

女の子は動き出すのが早いし、目標を定めればそこに向かってどんどん進んでいく。

多少まちがったとしても修正能力が高く、比較的早く切り替えてまた進み始める。

ここのところ就活セミナーに参加したいという大学3年生からの問い合わせが増えているが、見事に女の子ばかりだ。


頑張れのんびり屋でなかなかエンジンがかからない男の子たち





  1. 2011/11/25(金) 18:34:24|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感動をみつける

「感動をみつけるのがうまいね」
と言われたことがあります。

感動に出会うのには、ちょっとしたコツがあります。

何かのできごとや現象に出会ったとき、
それが起きるに至った背景や
それに遭遇した自分の状態、
それからそこに相手が存在する場合には、その人の状態、

そんなものたちに想いを馳せると、そこに感動をみつけることができます。


それからもうひとつ。
感動に出会うときは、心が解放されてきちんと研ぎ澄まされているときだと思うのです。

例えば仕事中は、クライエントに対してフラットな状態で向き合いつつ、神経を研ぎ澄まして体中がアンテナみたいになっているから、感動をみつけやすいのだと思うのです。


最近、プライベートな時間に心を解放してクリアな状態をつくっておくことを、怠っていたように思います。

休日にはこもりがちで、心に幕をかけたまま過ごしていたような…

この1ヶ月ブログを更新できなかったのも、そのせいかもしれません。


今日、休暇をとって出かけたコンサートで、2時間心が震えっぱなしでした。

感動を味わいながら、
感動との出会いは自分の意識しだいだということを思い出しました。





  1. 2011/11/08(火) 22:48:11|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

↓↓クリックしてね↓↓

人生 :成長 :カウンセラー :癒し :キャリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。