信頼関係

野球なら、ピッチャーもバッターも、気合いが入りすぎて力み過ぎるとうまくいかない

闘志はときに感情の空回りになる

うまく力を抜くことがポイント

監督は期待を寄せチームの柱となるべきピッチャーを信頼し、立ち位置を自覚させるために続投させる

同じように、そのバッターの成長のため、チームのために必要と判断すれば、多少打てなくても使い続ける


カーレースなら、ドライバーとチームの信頼関係が勝敗を大きく左右する

ドライバーの闘志だけが先走れば、感情が空回りしてミスにつながる


よい仕事というのは信頼関係とチームワークが生むものだと、つくづく思い知らされる…





スポンサーサイト
  1. 2010/08/31(火) 08:00:21|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の終わり

夏の終わりの花火大会

空を仰ぎ、日本の花火は本当に美しいと感じ入る

職人の技が光る日本の花火

海外で目にする花火とはわけが違う

さすがに モノづくりの国 日本だと、
世界に誇れる美しさだと、

大げさなようだが、そんな思いに浸りながら夜空に咲く花を愛でる


9月に入ってもしばらく続くと言われる猛暑の中ではあるけれど、

海を渡る風にはもう秋の気配がした…




  1. 2010/08/29(日) 15:31:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロ意識

数日前、織田裕二が結婚したというニュースが紙面を賑わした

プライベートを報じられることがほとんどなかった彼


最近テレビを見ていると、仕事もプライベートもプロもアマもごちゃまぜになっている気がしてならない。

俳優は個人のキャラクターによく似た役ばかり演じていたり(そもそもそれを“演じる”と言っていいのか、という疑問もあるが)…
テレビ局のアナウンサーが、どうみても友達同士のカラオケにしかみえないような歌でCDを出してみたり…
ある道のプロとして果たすべき役割を持つ人が、驚くような不祥事を起こしたり…


その傾向は、そんなテレビの中の世界を受け入れる側、
つまり私たちの身近なところにも見受けられる。


プロとアマ、仕事とプライベート。

それらが完全に切り離されるべきだとは思わない。

…が、それぞれの立ち位置、役割、責任…

そんなものをしっかり意識できていなければ、プロの仕事は生まれないのではないか、とは思う。


そういう意味で、プロの仕事に触れる機会が少なくなった今

彼の“あり方”がクローズアップされた今回のニュースには、
改めてプロ意識を思わされる。




  1. 2010/08/25(水) 18:16:03|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セミの声

この夏初めて、セミの声を聞いた気がする。

そんなはずはないのだろうが…

今まで気づかなかっただけなのだろうか。

梅雨が明けてすぐに猛暑が訪れ

仕事帰りのお散歩もすっかりおあずけ…

暑い空気に押しつぶされるみたいに

気持ちまで干上がってちっちゃくなっていたのかもしれない…


まだ日差しは暑いながら、セミの鳴く木々を抜けてくる風を感じて

なんだかこの夏のバテバテ感から復活できそうな

そんな予感がした





  1. 2010/08/06(金) 07:56:28|
  2. 想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

激暑

すっかり暑さにやられているうちに、前回の記事から2週間も経ってしまいました…

この異常な暑さの中、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

先日テレビの街頭インタビューで、
『この猛暑を別の言葉で表すとしたら…』
っていうのをやっていました。

私が真っ先に思いついたのが『激暑』
…それはインタビューでも上位に入っていました。

ほかには、爆暑・怒暑・狂暑など…

気持ちがよく伝わってきますよね…




  1. 2010/08/05(木) 08:17:26|
  2. 想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

↓↓クリックしてね↓↓

人生 :成長 :カウンセラー :癒し :キャリア