うちわ

通勤電車
メルシャンの中吊り広告

『うち水 うちわ うちワイン』

うち って漢字にしたら全部違うんだぁ…
おもろいなぁ…

そんなことを思いながらぼんやりと眺めていた


あれ?
団扇って、なんで『うちわ』なんだろう…?

調べてみると、もとは『打羽』の意味だそう。

…なんだか『打羽』の方がわかりやすくて風流な感じがするのは私だけだろうか…




スポンサーサイト
  1. 2010/07/20(火) 07:57:33|
  2. できごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目配り 気配り

仕事帰りに立ち寄ったバーでのこと

店長らしき、熱き若者がひとり

店内の客の様子はもちろん、店外の見込み客の動きにも目配りを忘れない

さりげなく入り口のドアを開け放し、その内側で控えめに姿勢を正す

「いらっしゃいませ」とすぐに席へ案内する

常に自身が目配り気配りをしながら、新人にそっと声をかけて動かす


入り口ドアを磨く新人に声をかけ、なぜドアを磨くのか問う

熱き若者曰わく、
「ドアは店の顔だから」

汚いから掃除するのではなく、店の顔だから常に磨いておく―


以前その店を訪れたときとはまったく接客の質が違った

あの若きリーダーのもと、スタッフが意識を持って動いていた


これまでも何度か書いてきたが、やはり仕事というのは
『どれだけ配慮できるか』
だと思う

目配り、気配り。

久しぶりに“気持ちのよい仕事”を見た気がした




  1. 2010/07/16(金) 07:55:26|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校野球

11日、高校野球の神奈川県大会が開幕しました。

今年も球児たちの熱い戦いが始まっています。

開幕戦は、母校が勝利を飾りました


彼らの姿には、毎年本当に胸を打たれます。


私もしっかりこの夏を戦わなくちゃ…



  1. 2010/07/15(木) 07:32:54|
  2. 想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戦い

8日の日銀支店長会議では、景気の回復傾向が多数報告されたといいます。

ただしそのほとんどが、雇用・所得は据え置きとしているようです。

確かに生産や輸出の分野は回復傾向にあるのでしょう。

個人消費も回復傾向にあるのでしょう。

けれど個人消費については、蓄えのあるところで一時様子見に入っていたものが、現況を反映した値下げ戦略にお金を使い始めたにすぎないのではないかと思う部分も…。

そして生産の持ち直しは、身近な地域密着型企業への波及はまだまだという印象…。

まして雇用拡大や所得増加への反映となれば、道のりは長いと感じざるを得ません…。


今日も、不安を抱える多くの求職者の戦いは続きます…。





  1. 2010/07/14(水) 12:49:49|
  2. 想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

七夕

七夕―7月7日―は毎年天気がよくないですね。

それもそのはず、本来七夕は旧暦の7月7日で、今の暦だと梅雨真っ只中ですものね





横浜美術館の前庭に
天の川に見立てたのか、灯籠が置かれていました。

今年は8/16が旧暦七夕にあたるそうです。

織女が無事天の川を渡れますように…






  1. 2010/07/08(木) 07:50:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

心遣い

電車の中で耳にしたアナウンス。

振りそうで降らず、多くの人が傘を持たずに歩いていたその日。

とある駅に着くときのこと、
『まもなく××です。××付近は先ほどまで雨が降っておりましたので、お足元には充分お気をつけください』

ちょっとした心遣いがうれしい。


そのアナウンスに、仕事とはこういうものであろうと、感動すら覚えた。

いち早く状況を捉え、臨機応変にふるまうこと。
心配りを忘れないこと。

そういう働き方ができる人が、いったいどのくらいいるのだろうかと
少し悲観的になっていた私に、

あの車掌さんは光と力をくれました





  1. 2010/07/06(火) 07:53:44|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

↓↓クリックしてね↓↓

人生 :成長 :カウンセラー :癒し :キャリア