ロスト・シンボル

ダン・ブラウンのラングドンシリーズ第3弾『ロスト・シンボル』

科学と宗教、それにまつわる芸術品の数々…

そのテーマは変わらないながら、
今回は前2作に比べ“人の心”“人の本質”みたいなものにより重点が置かれているように思います。

人が本来持っているはずの力…
あまりに便利で豊かな世の中で、忘れられてしまった力…
だけど今、こんな時代だからこそ、ひとりひとりが気づかなければいけない力…


作品の感じ方は人それぞれだけど、
私には 今とこれからの 人の生き方を問うような作品と感じられました

次はスクリーンがどんな世界を見せてくれるのか…
とても楽しみです




スポンサーサイト
  1. 2010/04/22(木) 08:07:10|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツツジ

昨日の帰り道

まっすぐな道沿いにツツジの花が咲き並んで
とてもかわいらしい姿を見せてくれました

白い花、薄いピンクの花、濃いピンクの花、赤い花…

花って不思議な力を持っているんだと思います

人をやさしい気持ちにさせる不思議な力。


そういえば子供の頃に、ツツジの花の蜜を吸ったことを思い出します…

でも中には毒を持つ種類もあるそうです。

きれいな花には…
なんとやらですね。

みなさまもご注意ください




  1. 2010/04/20(火) 08:05:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

“なぜ”

夕べふと『未来少年コナン』の歌を思い出し、それから頭の中で何度もリピートしています…。

私が子供だった頃に放送されていたテレビアニメ…

『心がこんなに震えるのはなぜ
両手が空に伸びてゆくのはなぜ
両足が土を蹴って走るのはなぜ…』

人は“なぜ”がなければ成長しない

“なぜ”を感じられるから人として成長していける…


先日友人と
“なぜ”を感じられない ヒト が多くなってる気がするね
って話をしました

この歌を思い出したのは、そのせいかもしれない…



  1. 2010/04/19(月) 08:12:29|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅立ち

春です。
たくさんの別れが私のまわりを取り巻いています。

転勤する人、亡くなる人、離婚する人…

“別れ”といえば悲しく響くけれど、
これらのできごとはすべて“旅立ち”
新しいステージの始まり

私は彼らの新しいステージに想いを馳せます。

そこで待っているはずの出会いを想います。


春、旅立ちのとき
なにかが始まる季節



  1. 2010/04/13(火) 20:33:35|
  2. 想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お花見

20100405123254

20100405123247


先週は張り切って新宿御苑まで出かけたものの、さくらはまだちょっと早く…

今週は近くの河原へお花を見に行きました。

さくらの下に集う人たちの顔はみな笑顔

そんな様子を眺めるのもまた和みます。

ドッジボールを蹴り合う男の子たちがいました。

はるか昔、平安の貴族たちも、さくらの下で蹴鞠を楽しんでいたのでしょう…





  1. 2010/04/06(火) 08:00:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

↓↓クリックしてね↓↓

人生 :成長 :カウンセラー :癒し :キャリア