愛がすべて


久しぶりに行ったコンサート。
テーマは『愛が全て』

このところ私が強く感じ、心揺さぶられている何か。
その核心に触れるようなテーマだった。

人を愛せない、信じられない、
自分の欲や権利ばかり主張する、そんな世の中。
これだけ満たされ、まだ他に何が欲しいというのか・・

そんな世の中でも、何度傷ついても、何度裏切られても、
誰かを、何かを、愛する気持ちは持ち続けてほしい。
そうしなければ、喜びも、悲しみも、感動も、何もない人生になってしまう。

そして彼は言った。
「北海道はこれから、長い雪の季節になる。
北海道の人間は、そんな淡い雪さえ愛おしいと思う」と。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

作詞・作曲:松山千春 『淡い雪』より(抜粋)

淡い淡い雪 この大地に眠れ
雪よ雪よ雪 優しくつつめ
人はそれぞれの 夢を胸にいだき
幾度も争い 疲れ果ててる

遠い遠い昔ではなく 今も今も続いている
悲しくて 悔しくて 人は何故に愚かな事ばかりを
罪も無きたくさんの 誰が命を奪うか

憎む気持ちさえ 恨む心さえも
この冬を越えて 消えるものなら

人は何を求めるべきか わずかばかりの時を与え
空しくて はかなくて 人は何故に愛を忘れているの
幾千のけがれ無き 新たな命はばたけ



スポンサーサイト
  1. 2017/11/16(木) 14:11:40|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なみだ


殺伐とした世の中、人との関わりが煩わしい世の中。
信じて、裏切られて、辛い思いをするくらいなら、
最初から誰も信じたりしない方がいい。

それでも、世の中捨てたもんじゃないと思えるできごとがある。
思いが通じたと、心が通ったと、思える瞬間がある。
そんな瞬間を起こせるかどうかは、自分しだいだ。
人と関わることが苦手な若者たちに、そんな瞬間を感じてほしいと思う。
社会に出て行ったとき、その体験が、感覚が、彼らを助けてくれる。

面談を重ねてきた子が、ある日初めて親との関係性について口を開いた。
そのことで彼女の心は震え、涙を流した。
「こうなるから話すの嫌なんです」と言った。
でも・・。
そうなっていい。泣いていい。
そうやって気持ちを外に出してあげないと、抱えきれなくなってしまう。

できるだけ感情の波を起こさないように、他人に悟られないように、
たくさんガードして、なるべく遠巻きにものを見る。
そうすることで仕事がしやすくなったり学校生活が楽になったりする。
だけど時々、意識的に自分の感情の波を感じなきゃいけない。

感情をすべて殺してしまったら、どんなことに対しても、
楽しみや、喜びや、やりがいみたいなものを感じられなくなってしまう。

涙は、心に溜まったいろんなものを浄化してくれる。
涙と一緒にいろんな感情を外に出して、ひとつひとつ点検してみよう。
そしたらまた、楽しんだり、喜んだり、やりがいを見つけたり、
きっとできるから。



  1. 2017/11/10(金) 23:38:17|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一歩踏み出す勇気


ジブリで『借り暮らしのアリエッティ』を手掛けた、米林監督。
新しいスタジオでの初作品は、『メアリと魔女の花』。

主人公は、何をやってもうまくできない、要領の悪い女の子。
見た目はチリチリの赤毛で、それもコンプレックス。
「私なんて、どうせ一生何やったってうまくいかないんだ。」

ある日、ひねくれ者の自分のせいで、男の子を危険に巻き込んでしまう。
自分のせいだと思っても、自分には何もできないと思う。
どうすれば助けられるかもわからない。

そんな彼女に、彼は言った。
「一緒に帰ろう」

その約束を胸に、彼女は決心する。
魔法の花の力を借りて、勇気を出して彼を助けに行く。

勇気を出して一歩踏み出したことで、ともだちができた。
もう「どうせ何もできない」なんて言わなくなった。

できるかどうかわからなくても、
「やってみる」ことが大事だと知った。

学生向けの就活講座では、よく『一歩前に踏み出す力』の話をする。
メアリと学生たちの姿が重なった。

そしてメアリは、米林監督にも一歩踏み出す勇気をくれたのだろう。


  1. 2017/09/24(日) 19:00:10|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生きる意味


若くして、「スキーで生きる」と決めた男がいた。
冒険スキーヤーとして、還暦を過ぎた今も、とんでもない場所を滑り続けている。

それを思えば、私の人生なんて地味なものだ。
けれど、おそらくこの世に生まれてきたときからずっと、
自覚するとしないとに関わらず、
人としてどこまで深く、広くなれるかを、追い求めてきた。

それが自分が生きる意味だと、感じていた。
紆余曲折は、そのために必要な材料だと、そう捉えることにした。

「海のような人になりたい」
やっと、そう言葉で表現できたのは、30歳を過ぎた頃だった。

このつかみどころのない霧のような、ゴールのない冒険は、もちろん今も続いている。

冒険スキーヤーのような記録もなく、
ひどく地味な人生だけど、
確実に一歩一歩、今も前に進んでいる。


  1. 2017/09/24(日) 18:32:26|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ある日のこと


先日、勉強会のために関内駅に降りた。
ホームでは、横浜ベイスターズの応援歌が流れていた。
朝からなんだか気分がよくなった。
そして、普段利用する私鉄の駅に発車メロディがないことに、改めて気づく。

その日の勉強会では、LGBTについての講話があった。
当事者であり、教育者でもある方から話を聞いた。
LGBTについて知ってもらい、生きやすい社会を実現するために、
普及啓発活動に取り組んでいる方だ。
「伝えたい」、「知ってほしい」、そんな想いが直球で届く話だった。

私の仕事は、様々な苦しさや課題を抱える学生たちと向き合い、
ひとりひとりの個性を尊重しながら、社会で生きていくヒントを共に探していくことだ。
今回の話は、そんな私のあるべき姿と同じだと思った。
あまりにもまっすぐに、力強く伝わってくるメッセージに、感動を抑えられなかった。
こんな風に『想い』を持って、一所懸命に活動される方々がいると知ったことは、
自分の在り方を顧みるにあたって、大きな励みになった。

一般論的な枠組みにこだわらず、光る個性を持った様々な価値観を受け入れ、
必要ならハード面の整備も進めて、共に生きる方法を探していかなければいけない。
大企業が形式的に整備するだけでなく、中小企業が実際的に対応するようにならなければ、
当事者の働く場の充実にはならないだろう。
そしてまた、それが実現されなければ、日本の労働力確保に関わる課題も続くだろう。

ある分野の最前線で活動していても、
時に違う視点から見つめてみることで、
改めて考えたり、気づいたり、意識したりすることができる。
そうして、なんだかいい気分になれたり、感動できたりする。

明日からの自分に力をくれる、
思いがけない、いい1日だった。



  1. 2017/07/23(日) 20:59:48|
  2. 生き方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

↓↓クリックしてね↓↓

人生 :成長 :カウンセラー :癒し :キャリア